村上海賊の娘

2012年02月16日
あんこか、それに関連する記事ばかり書いていたので、ここでは少し別の話題を。

現在週刊新潮に連載中の和田竜 作 『村上海賊の娘』は戦国時代後期の石山合戦の頃の泉州が登場します。

主人公の村上水軍総帥の娘 景というのも現代的で爽快です。また村上水軍や九鬼水軍だけでなく泉州に水軍(海賊)

があったことを初めて知りました。この中心人物である「眞鍋七五三兵衛(しめのひょうえ)」も痛快で、

まさに「租にして野だが,卑ではない」という人物で、後に有名な「鈴木(雑賀)孫一」と戦うことになるようですが今から楽し

みです。

それにしても泉州弁が活字になると何か妙な感じがします。


同じカテゴリー(本棚)の記事
 柳澤健 著「1974年のサマークリスマス」 (2016-11-21 21:31)
 「和菓子屋の息子」 小林信彦著 (2015-01-23 22:43)
 ロング グッドバイ (2014-05-04 10:56)
 あんこ好き (2013-11-04 23:20)
 和菓子のアン (2012-12-31 11:18)
 アグルーカの行方 (2012-11-22 17:46)
Posted by 安儀製餡所 at 00:09 本棚コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ページトップへ