与謝野晶子とその実家

2012年07月11日
 先日、私の子供に「学校で 与謝野晶子の実家が、堺で駿河屋という和菓子屋さんだったと習ったが、和歌山にある駿河

屋さんと関係があるのか?」 と聞かれて恥ずかしながら、はっきりと答えることができませんでした。

そこで、その後調べたことを書いてみます。

face01 与謝野晶子





与謝野 晶子(正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日)は、日本の歌人、作家、思想家。

本名与謝野 志よう(よさの しょう)。旧姓鳳(ほう)。ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。

鳳志ようは、堺県堺区甲斐町西1丁(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。実の兄にはのちに電気工学者となる鳳秀太郎がいた。9歳で漢学塾に入り、琴・三味線も習った。堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると『源氏物語』などを読み始め古典に親しんだ。また兄の影響を受け、「十二、三のころから、『柵草紙』(後には『めざまし草』)[1]『文学界』や紅葉、露伴、一葉などの小説を読むのが一番の楽しみ」(『明星』1906年年5月)であった。

20歳ごろより店番をしつつ和歌を投稿するようになる。浪華青年文学会に参加の後、1900年(明治33年)、浜寺公園の旅館で行なわれた歌会で歌人・与謝野鉄幹と不倫の関係になり、鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を発表。翌年家を出て東京に移り、女性の官能をおおらかに謳う処女歌集『みだれ髪』を刊行し、浪漫派の歌人としてのスタイルを確立した。のちに鉄幹と結婚、子供を12人出産している(うち1人は生後2日で亡くなる)。

face01 駿河屋 系統図

丁度、総本家駿河屋(和歌山)さんの出している 「駿河屋 系統図」が手に入りました。

それによると、与謝野 晶子 旧姓鳳(ほう)の実家である堺 駿河屋 は、


① 総本家駿河屋13代の時に 大阪 駿河屋が分家となります。

② 次に、大阪 駿河屋の2代の時に暖簾分けで 鳳 惣七を初代として堺 駿河屋が創業されました。

③ 堺 駿河屋は鳳 惣七(初代)-宗七(二代)―宗七(三代)-久夫(四代)と続き、現在は途絶えているようです。

したがって、二代か三代が与謝野 晶子の父となります。

今から思えば、与謝野 晶子が店番をしていたというのは、なかなかすごいですし、与謝野 晶子が好んだ和菓子など興味深いですね。



同じカテゴリー(あんこ豆知識)の記事画像
丹波大納言
宇治金時?
白あんの原材料
大豆の品種(銘柄)、特性
インゲン豆高騰の背景
小豆(あずき)の名称・種類
同じカテゴリー(あんこ豆知識)の記事
 土用餅と土用波 (2017-07-25 14:58)
 丹波大納言 (2017-03-07 21:17)
 宇治金時? (2017-02-16 15:52)
 ずんだあん (2016-08-24 16:28)
 白あんの原材料 (2015-10-13 15:44)
 能登大納言 (2015-05-23 21:00)
Posted by 安儀製餡所 at 21:40 あんこ豆知識コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ページトップへ