アグルーカの行方

2012年11月22日
最近、書評を読んでいて興味を持ったのが、角幡唯介著「アグルーカの行方」という本です。

内容は簡単に言えば、
昔、北西航路を発見すべく北極海へ乗り出し、隊長以下129人の乗組員全員が行方を絶ったフランクリン探検隊の伝承と、それを追体験旅行する角幡と荻田の両氏の冒険家の旅行記が交錯する。


そう、British Folk(これも今となっては微妙な表現ですが)で有名な「Lord Franklin」のことです。


Martin Carthy がこの曲を Bob Dylan に教えるのですが、なぜかDylanはこのメロディを頂いて「Dylan's Dream」 を創ります。

この時「Scarborough Fair」も教えてもらうのですが、これは歌詞を頂いて「Girl from the North Country」という曲にしています。

さて、「Lord Franklin」 ですが、John  Renvourn も唄っていますが、やはり歌唱力ではMartin Carthyに軍配が上がります。

それにしても、この動画は力作です。作者に感謝します。




Lord Franklin

It was homeward bound one night on the deep
Swinging in my hammock I fell asleep
I dreamed a dream and I thought it true
Concerning Franklin and his gallant crew.

With a hundred seamen he sailed away
To the frozen ocean in the month of May
To seek that passage around the pole
Where we poor sailors do sometimes go.

Through cruel hardships his men did go
His ship on mountains of ice was drove,
Where the Eskimo in his skin canoe
Was the only one who ever came through.

In Baffin Bay where the whale fish blow
The fate of Franklin no man may know;
The fate of Franklin no tongue can tell
Lord Franklin long with his sailors do dwell.

And now my burden it gives me pain
For my long-lost Franklin I'd cross the main
Ten thousand pounds would I freely give
To know on earth, that my Franklin do live.


同じカテゴリー(本棚)の記事
 柳澤健 著「1974年のサマークリスマス」 (2016-11-21 21:31)
 「和菓子屋の息子」 小林信彦著 (2015-01-23 22:43)
 ロング グッドバイ (2014-05-04 10:56)
 あんこ好き (2013-11-04 23:20)
 和菓子のアン (2012-12-31 11:18)
 村上海賊の娘 (2012-02-16 00:09)
Posted by 安儀製餡所 at 17:46 本棚コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ページトップへ