icon06 和菓子作りに関しては全くの素人ですのでご了承ください。




ただし使用するあんこですが

①白こしあん

②つぶあん

③赤こしあん

よく使われるのはこのような順番だと思いますが、皮むきあんのこしあんを使ってみるのも面白いでしょう。

白こしあんと赤こしあんの丁度中間のような味で中に入っているフルーツが引き立つと思います。

また白こしあんに白小豆のものを使うのもいいですよ。

hana3 材料

いちご(小ぶりのもの)  約12個
白あん        240g
白玉粉        100g
砂糖          100g
水            180cc
片栗粉        適量 

hana3 作りかた

① あんだま(約20g)を作り、いちごをあんで包む



② 耐熱容器に白玉粉,砂糖をいれて、水を少しずつ加え、ヘラでよくかき混ぜる。



③ ラップをして電子レンジで2分かけたら、ヘラでよく混ぜ、もう一度電子レンジで1~2分かけ、また練り混ぜる。これを透

明になるまで何度か繰り返す(3~4回)


④ ③ を片栗粉の上に取り出し、手に片栗粉を付け30gずつ等分する。

⑤ ④ が温かいうちに丸く薄く伸ばし、いちごを包んだあんを置いて、包み込む。熱いときは、薄手の手袋をお使いください。



ぜひ、お試しください。










同じカテゴリー(あんこの楽しみ方)の記事画像
夜の梅
「危ない中国産を見破る方法」という週刊文春の記事 3
「危ない中国産を見破る方法」という週刊文春の記事 2
お月見と10月13日 豆の日 
萩の花
白こしあん(北海道産白小豆) サンプル のお知らせ
同じカテゴリー(あんこの楽しみ方)の記事
 つぶあん、こしあん、生クリームの甘さの違い (2014-12-07 15:41)
 夜の梅 (2014-02-19 23:36)
 今一番売れている和菓子 (2013-09-20 16:52)
 「危ない中国産を見破る方法」という週刊文春の記事 3 (2013-09-15 10:10)
 「危ない中国産を見破る方法」という週刊文春の記事 2 (2013-09-12 21:49)
 「危ない中国産を見破る方法」という週刊文春の記事 (2013-09-11 21:22)
Posted by 安儀製餡所 at 14:24 あんこの楽しみ方コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ページトップへ