和菓子のアン

2012年12月31日
お正月用の本として買った一冊が、坂木 司 著「和菓子のアン」 です。

何年か前に書評で紹介されていたのを憶えていたのですが、今回文庫本になっていました。

大変読み易くて和菓子の(特に上生菓子)の勉強にもなります。

私などもこの小説に登場する上生菓子をすべて見たことや食べたことがあるわけではありません。

今年はお店で見かけたらぜひ買って食べてみたいと思います。

深夜枠で「孤独のグルメ」や「深夜食堂」みたいにドラマ化されれば嬉しいのですが。






同じカテゴリー(本棚)の記事
 柳澤健 著「1974年のサマークリスマス」 (2016-11-21 21:31)
 「和菓子屋の息子」 小林信彦著 (2015-01-23 22:43)
 ロング グッドバイ (2014-05-04 10:56)
 あんこ好き (2013-11-04 23:20)
 アグルーカの行方 (2012-11-22 17:46)
 村上海賊の娘 (2012-02-16 00:09)
Posted by 安儀製餡所 at 11:18 本棚コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ページトップへ