onpu2 前回、リチャード・トンプソンについて書いた割には貼った動画がボニー・レイットとのデュオでリチャード・トンプソンの唄もギターもほとんど出てこなかったので別の曲を改めて取り上げます。

彼がフェアポート・コンベンションを脱退して初のソロアルバム『Henry the Human fly』、から① 『Roll Over Vaughan Williams』 と ② 『The Angels Took My Racehorse Away』 、③ 『The old changing way』


②はイントロに流れる ジョン・カークパトリック のアコーディオンが新鮮です。この当時ロックでアコーディオンが使われることはThe Bandを除いてほとんどありませんでした。(まあ、今もありませんが!)サンディ・デニーとともに後に結婚するリンダ・ピーターズもコーラスで参加しています。


Gentle ladies, gentle men
Waiting till the dance begin
Carefully we come to speak the word for all to hear
If you listen, if you should
We won't be misunderstood
But don't expect the words to ring too sweetly on the ear
Live in fear, live in fear, live in fear

In the gutter, in the street
Off his head or off his feet
Listen to the scratchy voices eating at your nerves
Pencil ready, paper dry
Shoot the girls and make them cry
Run for cover, things are bad but now they're getting worse
Live in fear, live in fear, live in fear, live in fear

Is it painful, is it right?
Does it keep you warm at night?
Fool your friends and fool yourself, the choice is crystal clear
If you break it on your knee
Better men might disagree
Do you laugh or do you stick your finger in your ear?
Live in fear, live in fear, live in fear, live in fear

同じカテゴリー(Down South in Osaka)の記事画像
アイリッシュ ハープ
Bend It Like Beckham
同じカテゴリー(Down South in Osaka)の記事
 アイリッシュ ハープ (2015-05-15 21:12)
 2014.10.29 (2014-11-05 21:02)
 John Barleycorn Must Die (2014-10-06 23:23)
 The Last Waltz Complete Concert (2014-05-24 12:38)
 The Water is Wide (2014-04-12 21:37)
 君の友達 (2013-08-22 18:51)
Posted by 安儀製餡所 at 09:02 Down South in Osakaコメント(0)